かなりわかりにくい写真だが、クロヒラタシデムシがエゾマイマイを補食しているところ。クロヒラタシデムシの腹ははち切れんばかりに膨らんでいる。彼らはカタツムリが歩いたあとの粘液の跡を触角で探り、獲物を探し当てる。
Ads by TOK2