ホーム > Multi Play > サーバへの接続方法 > 専用ソフトを使用して接続

サーバへの接続方法

専用ソフトを使用して接続


 次に専用のソフトを用いてサーバに接続する方法を説明します。代表的なソフトとしては「The All-Seeing Eye」,「Gamespy Arcade」等があります。ここでは「The All-Seeing Eye」を使用して説明します。各ソフトの詳しい説明や入手方法・インストール方法等はあえて説明しません。検索すれば山ほどHitしますので各自で情報を入手して下さい。


 このソフトやGamespy Arcadeはインストールすると自動的にパソコン内のゲームを検索し、これらのソフトに対応しているゲームがあれば一覧に表示されます。(画像左側のツリー表示の部分) 画面に表示されているSINのアイコンを選択して「REFRESH」,「UPDATE STATS」を実行すると画面の大きな枠の部分に表示されているサーバの一覧が更新されます。サーバリストの画面にはサーバの国籍、名前、Ping、現在サーバに接続している人数、接続可能な最大人数、ゲームのMap名等が表示されます。この中から接続したいサーバを選んでダブルクリックするだけです。

 この「The All-Seeing Eye」は本来有料(要送金)ですが、登録しなくても充分使えます。登録すると他の色々な機能が使えるみたいですが、このままで充分です。「Gamespy Arcade」もフリーとシェアでは使用できる機能が限られていますが、サーバ検索が出来てチャットまで出来るのですから充分と言えるでしょう。冒頭にも書きましたが詳しい操作説明等は省きます。導入するのであれば各自で検索してください。これらのソフトで選択したサーバに他のプレイヤーが接続していると、接続しているプレイヤーの名前が表示される(表示されない場合もある)ので友達がどのサーバで遊んでいるかを探すのにも便利ですね。


HOME

Ads by TOK2