ホーム > Tips Hints > Simple Manual > CONTROLS MENU

CONTROLS MENU


  ここではCONTROLS MENUについて説明します。

CONTROLS MENU
以下は各MENUの説明です。

VIDEO CONTROLS
 このメニューでは主にゲーム画面の設定を行います。画面には英文と以下の表示があります。

Select for the pre-defined list of default system configuration.
You may fine tune your video settings below to better match the configuration of your computer system.
  • Low End System
  • Low End System with Hardware acceleration
  • Mid Range System
  • Mid Range System with Hardware acceleration
  • High End System
  • High End System with Hardware acceleration
 翻訳サイト等で直訳すると、以下の様になります。

「デフォルトシステム構成の前定義されたリストのために選んでください。」
「よりよくコンピュータシステムのコンフィギュレーションとマッチするために下で見事にビデオ設定を調整してさしつかえありません。」

 私自身は設定した事はありませんが、ニュアンスとしては、低スペックのパソコンでプレイする時にベストパフォーマンスになるように設定する様な感じではないでしょうか。ただ一度だけ、かなり昔に設定した記憶があります。それは私の古いパソコンでプレイした時です。Win95,Pen 133MHzのパソコンです。その時は確か「Low....」を選んだと思います。設定すると確かに動きは若干ですがスムーズになりました。しかしながら画質は全然良くなく、敵に撃たれた時等に画面の色がおかしくなったりしました。もし低スペックのパソコンでプレイしているのであれば、色々設定してみてはいかがでしょうか。

 その下に「Video Customization Option」と書かれており、以下の様に表示されています。
  • Video Driver
  • Video Mode
  • Texture Mode
  • Full Screen
  • Screen Size
  • Brightness
  • Apply Changes...
  • Reset to Defaults
  • Advanced Video Options
  • Bring Up Console Interface

 Video Driver
これは現在使用しているビデオカードに合わせて設定します。Software Renderer,Default OpenGL,3Dfx OpenGL,ATI Rage OpenGL,Riva OpenGL,Verite OpenGL,PowerVR OpenGLの中から自分のパソコン環境に合う物を選んで設定します。

 Video Mode
画面解像度の設定。沢山ある解像度の中から好みの物を選んで設定します。但し、使っているビデオカードによっては選択できない解像度があるので注意が必要です。

 Texture Mode
ゲーム画面の色数の設定。16-Bit,Auto,8-Bitの三種類の中から選択が可能です。Autoに設定しておくと自動的に認識してくれるので便利です。16-Bitは約65,000色、8-Bitは256色の設定になります。16-Bitを選択するとクォリティの高いグラフィックスでプレイ出来ますが、速度が低下してしまいます。8-Bitを選択するとクォリティが低下しますが、ゲームパフォーマンスは最高近くになります。

 Full Screen
ゲームをフルスクリーンで行うか、ウインドウモードで行うかの設定。「Yes」に設定すると、フルスクリーンモードになります。この項目も使っているビデオカードにより設定出来ない場合があります。

 Screen Size
ディスプレイ全体に対するゲーム画面の広さの設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほどゲーム画面のサイズが大きくなります。

 Brightness
ゲーム画面の明るさの設定です。スライドバーが付いており、右に移動さすほどゲーム画面が明るくなります。

 Apply Changes...
全ての設定が終わったら、この項目にカーソルを移動させENTERキーを押して設定を反映させます。

 Reset to Defaults
今まで変更した設定を全て初期の状態に戻します。

 Advanced Video Options
更に細かい設定を行う時に使用します。具体的にはゲーム中の様々なエフェクトの設定を行う事が出来ます。これらのエフェクトを設定する事でゲームの全体的なパフォーマンスを上げることが可能になります。Advanced Video Optionsの項目は下に記載しておきます。

 Bring Up Console Interface
コンソール画面を呼び出します。申し訳無いですが、コンソールコマンドについてはまったく分かりません。もしかすると正規版(廉価版ではない方)か、SINの公式ガイドに記載されているかも知れませんので、持っている方はそちらを参考にして下さい。(私は持っていないので未確認です)


 <Advanced Video Options>
この項目は、私は特に設定した事はありません。私の持っている説明書に記載されていた事を簡単に書いておきます。この項目ももしかすると正規版か公式ガイドに記載されているかも知れません。(持ってないので未確認です)

 Character Shadows
キャラクターの影表示の設定。

 Light Glows
不明。

 Dynamic Lights
ダイナミックライティングの設定。

 Particles
パーティクル(微粒子)描画の設定。

 Tessellation
 テッセレーション(モザイク)描画の設定。

 Palette Blendings
パレットブレンディングの設定。水中やダメージを受けた時の描画に関連するらしいです。

 Effects Blending
エフェクトブレンディングの設定。武器を発射した時や爆発に関連するらしいです。

 8-Bit Software Colored Lightings
8-Bitモードの時のカラーライティングの設定。

 Software Stipple Alpha
説明書では「Software Translucency」となっていましたが、画面には見当たりませんでした。多分、Software Stipple Alphaの事だと思います。これはソフトウェアモードの時の透明効果の設定です。

 Syne Every Frame
フレーム毎に同期を取るか取らないかの設定。

 Rendering Detail
描画の細かさの設定。「High」が細かく、「Low」が荒い設定になります。

 Draw Detail Models
オブジェクト詳細表示の設定。

 World Texture Mode
環境オブジェクトの描画モードの設定。

 Skin Texture Mode
キャラクターの描画モードの設定。

 Detail Models Vanishing Distance
モデル描画終了点の設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほどモデルが消えるまでの距離が伸びます。

 Detail Models Vanishing Threshold
モデル描画開始点の設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほどモデルが現れるまでの距離が伸びます。

 Console Vanishing Distance
コンソール描画終了点の設定。

 Console Vanishing Threshold
コンソール描画開始点の設定。

 Advanced Video Optionsはこんな感じです。分からないので詳しくかけないのが残念です。申し訳ないです。

画面の上にもどる
AUDIO CONTROLS
 このメニューではゲームのサウンド関係の設定を行います。
  • Sound FX Volume
  • Music
  • Music Volume
  • Dialog Volume
  • Sound Quality
  • CD Music
  • Sound Compatibility
  • Enable 3D Sound Hardware

 Sound FX Volume
効果音の音量設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほど音量が大きくなります。

 Music
ゲームBGMの設定。「ON」と「OFF」で切り替えます。

 Music Volume
上記BGMの音量設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほど音量が大きくなります。

 Dialog Volume
ゲーム中のプレイヤーの会話のボリューム設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほど音量が大きくなります。

 Sound Quality
ゲーム音質の設定。「Low」と「High」が選択出来ます。Low=11KHz,High=22KHzとなっており、Lowを選択すると若干ですがゲームのパフォーマンスが上がります。

 CD Music
音楽CDをBGMとして使用するかしないかの設定。私はやった事無いですが、音楽CDをBGMとして使えるんですね。

 Sound Compatibility
ゲーム以外のアプリケーションに対する設定。「Max Performance」を選択すると、ゲーム以外のアプリケーションにはオーディオのハードウェアにアクセスするのを禁止します。即ち、SIN以外のアプリケーションにはサウンドカードを使用させない設定です。

 Enable 3D Sound Hardware
3Dサウンドが使えるサウンドカードを使用するかしないかの設定。

画面の上にもどる
PLAYER CONTROLS
 このメニューではプレイヤーの操作関係の設定を変更出来ます。画面の右側には現在割り当てられているキー、左側には割り当てられたキーの動作が表示されています。特に問題なく設定出来ると思いますが、念の為にプレイヤーの動作一覧を掲載しておきます。設定方法は、変更したい項目(操作)にカーソルを移動させてENTERキーを押し、次に割り当てたいキーを押します。一つの項目(操作)は、二つまでキーを割り当てる事が可能です。

Attack攻撃
Walk Forward前進
Backpedal後退
Run走る
Turn Left(じっとした状態で)左を向く
Turn Righ(〃       〃)右を向く
Step Left左へ移動(平行移動)
Step Righ右へ移動(〃   〃)
Sidestep平行移動
Next Weapon次の武器へ切り替える
Use Weapon武器モードの切り替え
Look Up上を向く
Look Down下を向く
Center View正面を向く
Mouse Lookマウスルック
Keyboard Lookキーボードルック
Up/Jumpジャンプ
Down/Crouchしゃがむ
Use端末や色々なオブジェクトを動かす時に使うUseキー
Inventory Useパワーアップアイテム等を使う時のUseキー(ゲーム中ではHC Light Rodを投げる時にも使用)
Next Inv Item次のアイテムに切り替え(入手したアイテム)
Prev Inv Item前のアイテムに切り替え(〃       〃 )
Drop CTF TechCTFゲームにおいて入手したパワーアップアイテムを落とす(捨てる)時に使用


 少しややこしいと思われるのが三種類ある「USE」キー。このUSEキーは「Use Weapon」,「Inventory Use」,「Use」となっています。「Use Weapon」は武器モードを切り替える時に使用します。この武器はチェーンガン・パルスガン・スナイパーライフル・スパイダーマインです。これらの武器は「Use Weapon」キーを押す事で以下の様に切り替える事が可能です。

Weapon
Primary(通常)
Secondary(Use Weaponキー使用時)
High Velocity Chain Gun
(チェーンガン)
弾薬のリロード無しで高速連射が可能Grenade Launcher(手榴弾)に切り替え
Pulse Assault Cannon
(パルスガン)
Energy Ballを発射Lightning Gun(ビームの様なもの)に切り替え
Sniper Rifle
(スナイパーライフル)
1 Shootsで相手に致命的なダメージを与える事が可能Zoom Mode(スコープモード)に切り替え
Crimson Spider Mine
(スパイダーマイン)
First Shootsで爆弾を設置、Seconds Shootsで爆破爆弾から見た視点に切り替え(セキュリティカメラの様な感じ)
Rocket Launcher
(注1) (ロケラン)
致命的なダメージを与えるロケット弾を発射Thrall Ballを発射

(注1 :上記記載のロケランは通常のDeathmatchでは使用不可能。CTFの時のみ、使用可能)


 Go to Multiplayer Setup...
マルチプレイのセットアップ画面に切り替わります。

 Restore default Keyboard only configuration...
キーボードのみでプレイする場合の初期設定に戻します。

 Restore default Keyboard and mouse configuration...
キーボードとマウスを使ってプレイする場合の初期設定に戻します。

画面の上にもどる
GAME OPTIONS
 このメニューでは主にマウス関係のオプション設定が変更できます。
  • Mouse Speed
  • Always Run
  • Invert Mouse
  • Mouse Filter
  • Joystick Enabled
  • Look Spring
  • Look Strafe
  • Freelook
  • Crosshair
  • Handedness
  • HUD Layout
  • Dialog System

 Mouse Speed
マウス感度の設定。スライドバーが付いており、右に移動さすほど敏感になります。(上下左右の振り向きが早くなる)

 Always Run
プレイヤーの歩く速度の設定。「Yes」に設定すると、常時プレイヤーが「走って」移動。(デフォルトではプレイヤーは「歩いて」移動する状態)

 Invert Mouse
マウスの上下を逆にする設定。例えるならフライトシュミレーターの様な感じになります。つまり、マウスを上に動かせば下を向き、マウスを下に動かせば上を向きます。

 Mouse Filter
マウスフィルターの設定。「ON」に設定すると、マウスの動きがスムーズになるがマウスの動きとゲーム画面の動きとの間のずれが増加します。

 Joystick Enabled
ジョイスティックでプレイする事を可能にするかしないか(ジョイスティックでプレイするかしないか?)の設定。(だと思う)

 Look Spring
「ON」に設定するとLook Up/Look Downキーを離すと自動的に正面に向き直す。

 Look Strafe
Look Up/Look Downキーを使ってプレイしている場合、「ON」に設定すると、マウスの振り向きで平行移動します。

 Freelook
「ON」に設定すると、マウスの上下左右の移動だけで視点を上下に動かすことが可能。

 Crosshair
プレイヤーの照準の形を設定。幾つかの中から変更する事が可能。

 Handedness
プレイヤーの武器を持つ「利き手」を設定。右手・左手・表示なしを選択する事が可能。

 HUD Layout
HUD="Head Up Display”。画面に表示されているプレイヤーの体力・防具・残りの弾薬数等の表示位置の設定。

 Dialog System
ゲーム中の会話表示の設定。テキストと声・テキストオンリー・声オンリー・無しを選択する事が可能。

 Violence Lock-Out (注2)
「ON」に設定すると、流血描写がカットされる。
(注2 :この項目は私の持っているSIN(海外版。SINは海外版と国内の廉価版を所有しているが、現在は海外版をインストール))にはありませんでした。多分、国内で販売されたものに設定されていたのではないかと思います。

画面の上にもどる

HOME

Ads by TOK2