SH-60Fを作る!!
2003年6月3日
TOPへ                     戻る
まずはコックピットからやっつけましょう!全体につや消し黒を吹いた後、グレー+シルバーでドライブラシ、計器板のガラスを再現するためにクリアーをたらしてます。これで完成、F-14の時には考えられない位おおざっぱです(笑)

今回製作するSH-60Fは1/72では発売されていなく、イタレリ1/72のHH-60Hを改造します。気楽に作るつもりが大変なことになりそう (;¬_¬)
6月4日
HH-60Hを見た目だけSH-60Fに変える為に、機体左側の後ろの窓を埋めてしまいます。これはここに接着するはずの透明部品を瞬着で固定、その上からヤスリで削っていきます。

続いて、この窓の上下のレール?もカッター&ヤスリで削り落とします。これで完了!!

これだけの改造で大体F型に見えます。
6月7日
仮組みしてます。胴体横のヘルファイアなどを付けるランチャーは他キットから持ってきました。レジンです。デカールがまだ来ていないので、この部品使うかは解らないのですが、一様付けてみました(;^_^A

色々な所の合いがかなり悪いです。特にキャノピーの前と胴体の合わせ目、これじゃあ接着できないジャン!って位隙間が開きます。プラも柔らかいので、すぐ折れたり欠けたりしてしまいます
(扱い方が悪いのかな?)(;^_^A
6月28日
最近模型に余り手を付けられず、製作がかなり遅れています(;^_^A

現在は、胴体、キャノピーなどの接着が終了したので隙間が開いた所にパテ盛り中です。上でも書きましたが、キャノピーと胴体との合いがかなり悪いです。どうやっても5o位隙間が出来ます。接着面がありません(x_x) 仕方が無いので流し込み接着剤で強引に接着し、後の隙間はパテ埋めで何とかします。

   大変だ・・・・・(-_-;)
7月10日
製作開始から約1ヶ月、ようやく塗装開始です。今回もF-14の時と同じ様に塗りますので、最初パネルラインに沿ってクレオス317を吹きます。その後今度は今ラインに沿って塗った317を少し残すようにして上から基本色で塗りつぶします。このようにして全体塗装して行きます。

さて、次回はいよいよ全体塗装!それと同時に部隊マークの塗装もします。完成まであと少し!!
7月11日
全体塗装完了!

HS-14のCAGの特徴、ブラックテイルの塗装も完了しました。う〜ん格好いい!!

この後、細部の塗装をします。マスキングが上手くいくか心配です(-_-;)
7月12日
凄いペースで製作進めております(;^_^A

細部塗装が完了したので、デカールを貼っています。今回はタイトル通りHS-14 CHARGERSのCAG(NF610)にするので、テイルに大きな”鷹”の頭の絵が書いてあります。

この後、衝突防止灯などの細かい部分の塗装をし、ローターを付けて完成となる予定です。(完成したらHSL-51のTA02と並べようかな〜)
7月13日
ローターや車輪、などを接着して、


  やっと完成です!


製作期間約1ヶ月!F-14の時の7分の1で仕上げました(;^_^A 
TOP模型部屋製作記>1/72 SH-60F 製作記