TOP資料室>JAPAN AEROSPACE 2004 - 展示ホール
JAPAN AEROSPACE 2004
2004年、10月10日に開催された『国際航空宇宙展』に行ってきました。9日に見に行く
予定でしたが、台風22号の関東直撃の影響でデモフライトが中止となったので断念、フライトは
少ないですが翌日の10日に予定を変更、台風一過のおかげなのか予報では晴れ、暑くなる
との事、『青空の下でのフライトになるな』と期待していたのですが、実際はドン曇り・・・。
オマケに雨まで降ってきました(-_-; そんな中でも12機種、計14機のヘリコプターが
大迫力のデモを見せてくれました!ここではフライトを行った全機種をご紹介いたします。
最初のデモフライトは横浜市、川崎市の防災ヘリコプターによる編隊飛行、 横浜市消防局の防災ヘリ『はまちどり1』、横浜にお住まいの方ならば、お馴染みの機体でしょう。 こちらは川崎市消防局『そよかぜ1号』 神奈川県警察AS365N『たんざわ』、機首に装備されたカメラがぐるぐる回っていました。
警視庁EH-101『あおぞら』、次期海自掃海ヘリコプターに決定したEH-101、大型ヘリは迫力が違います。 海面に漂う要救助者を救助するため、ダイバー1名が降下、
機内クルーがホイストを降下させる。 先ほど降下したダイバーがホイストを受け取り、機内に収容される。 海難救助デモが終了、ヘリポートへ着陸する ヤマハ発動機の無人ヘリコプターRMAX、機種にはカメラが装備してある。
陸自UH-1J、海面スレスレでデモを行った。 川崎OH-1、OH-6Dの後継機として陸上自衛隊に配備されている。 今回、その機動性の良さを存分に披露、観客からは『おお〜』と歓声が上がりました。
海上自衛隊唯一の参加機、SH-60Jは低空で大迫力のデモを行った。9日にはUS-1Aデモの予定があったが、台風直撃でデモフライト自体が中止、JA2004での海自飛行展示機はこのSH-60J1機種のみとなってしまった。 航空自衛隊入間基地から飛来した50周年記念塗装のCH-47J、 今回は空中消化デモ、ベイブリッチ方向からアプローチして来た時すでに、消化用のバケツを吊るしていた。
高度を下げて行き給水を開始、ダウンウォッシュが凄かった(;^_^A 残念ながら空中からの水散布は撮れていない。 予定にはなかったが、CH-47の次にR44型ヘリコプターがデモフライトを行った。今までの機体とは違った雰囲気の美しい飛行を見せてくれました。 以前Wingsでも披露してくれたアルファーアビアーションのR22、今回は素晴しい単独飛行を見せてくれました。スキッド後方から出ているスモークでも解るように、クルクル回っています。 ユーロコプターEC120B、後方のヘリポートから低空で海上に飛び出しました。機体横にも書いてありますが下面には『けん太』と書いてありました。
今回のデモフライトの中で、ビックリする飛行を見せてくれたのがこのBK-117、空飛ぶ救急車。 念のために書いておきますが、写真の向きはこれで合っています(;^_^A このBK-117がデモを行っている間、観客から何度も歓声が上がりました。 尾翼のピッカリをGET!いや〜凄いデモでした。だけど患者さん乗せている時は優しく飛んであげて下さいね(;^_^A
AS365N 横浜市消防局 & BK117 川崎市消防局
AS365N 神奈川県警察
EH-101 “あおぞら” 警視庁
UH-60J 航空自衛隊 海難救助
ヤマハ発動機 RMAX
UH-1J イロコイス 陸上自衛隊
川崎 OH-1 忍者 陸上自衛隊
SH-60J シーホーク 海上自衛隊
CH-47J 航空自衛隊 空中消化
R44 フロート付き
R22(アルファーアビエーション)
ユーロコプター EC120B
               注意
当サイト内の写真及び文章の無断転載、公開を禁じます。
Copyright © 2001 - TandHK. All Rights Reserved.


Back
川崎 BK-117 Docter Heli
デモフライトは以上です。これよりパシフィコ横浜展示ホール内で開催された展示会も1回り
してきました。写真数は少ないですがよろしければ是非ご覧下さい。