TOP資料館>US-1A DETAIL PHOTOS
Gearへ
Noseへ
Engineへ
Floatへ
Engineへ
Tail Wingへ
Floatへ
SAS(波消し装置)へ
Tailへ
US-1A #83
 DETAIL PHOTOS
Bodyへ
       新明和 US-1A
Company Shinmeiwa (旧 川西飛行機)
Main
  engine
T-64-IHI-10J (3400SHP)
APU
   engine
GTCP-85-131J
BLC
  engine
T-58-IHI-10-M1/M2
        機体データ
Wing Span 33.15m
Length 33.46m
Height 9.95m
Max Weight 45t (Land)
43t
(Sea)
Crew 12
          機体性能
航続距離 4425Km
通常巡航速度 230Kt(約426Km)
離着陸速度 80Kt(約148Km)
離水速度 55Kt(約102Km)
着水速度 53Kt(約98Km)
☆ 下絵の見たい部分をクリックして下さい ☆
- Page Map-
- SAS -  - Nose -  - Body -  - Engine - 

- Gear -  - Float -  - Tail -  - Tail Wins -
新明和工業が開発、海上自衛隊のみが装備し、日夜任務に就いている高性能大型飛行艇US-1A、このUS-1Aは岩国基地第31航空群第71航空隊に所属、2004年5月現在7機を保有し、内1機を神奈川県厚木基地に交代での待機任務に就かせています。主任務は災害派遣要請による、小笠原諸島に発生した急患の輸送、しかし小笠原諸島内には空港(滑走路)が無く、着水してから、父島基地分遣隊に設置されたスロープを使用して父島に上陸、患者を収容後、羽田/厚木等の大型空港まで搬送、その後地上の救急隊員に引き渡します。この他太平洋/日本海上での航空機、船舶の遭難等の災害にも対応でき、周りを海に囲まれた日本において、無くてはならない航空機だ。

Back

               注意
当サイト内の写真及び文章の無断転載、公開を禁じます。
Copyright © 2001 - TandHK. All Rights Reserved.