山域 黒部別山・南尾根〜三ノ窓尾根
期間 1994/12/24〜1995/1/2
M  田畑、北村

12/24 快晴
日向山ゲート(7:40)〜扇沢(9:40)〜黒四(12:20)〜内蔵助出合(14:40)
トンネル出口から内蔵助出合手前までトレースあり。

12/25 雪
出発(9:20)〜二段岩峰手前(14:20)
昨夜は夕方から雨が降る。朝になっても雨は止まないので時間待ち。8時頃から雪に変わ
る。P7からP6への尾根は壁になっているので左から巻く。1pフィックス。

12/26 晴れのち雪
出発(6:30)〜P5の肩(14:00)
今日は1日中スタカット。9pで肩へ。肩までテンバなし。P5の頭まで1pフィックス。

12/27 ガス時々雪
出発(7:30)〜P3の肩(13:00)〜P2,P1のコル(16:15)
P5からP4まではラッセル。P4頂稜でロープ使用。大キレットへの下降は藪の中を懸
垂する。(25m+25m+30m)最後は空中懸垂ぎみ。キレットからもP2直下までロープ
使用。P4〜P5、P3の肩でテント可。

12/28 雪
出発(7:00)〜別山南峰(8:45)〜主峰(11:30)〜剣沢(13:30)
P1の下りで1回懸垂。藪の雪稜を登り南峰。そして主峰。北西尾根を京都左京労山の赤
布に導かれて下降する。

12/29 雪のち晴れ
出発(11:00)〜三ノ窓尾根1850m(14:00)
昨夜からの積雪は50cm。9時ころから雪も小降りになったので出発。
剣沢の渡渉は膝くらいの水量。

12/30 晴れ
出発(7:00)〜2430m(16:30)
2250mまでワカン使用。3pで第3の雪壁を越えると2342mまでは緩やかな雪稜。
ここから8pで2476mの肩へ。この間、三ノ窓雪渓側は切れ落ち、雪庇が出ているので
小窓谷側の雪壁を登っていく。雪稜を切り崩してテントを張る。

12/31 雪
出発(7:00)〜三ノ窓(13:15)
2476mまで2p、下り1p、コルからロープを繋いで100mにし2pで広い雪原に出る。
腰から胸まであるラッセルを強いられる。三ノ窓が近づくとラッセル次第に少なくなるが、
直下で雪崩を誘発してしまい田畑、北村を巻き込んでしまった。北村は自力で抜け出した
が、田畑は身体が半分程埋まってしまい、自力では動けなかった。幸い大事には至らなか
ったが、反省。雪洞を掘って明日の寒気に備える。

1/1 吹雪
停滞

1/2 快晴
出発(7:30)〜本峰(10:10)〜馬場島(14:40)〜伊折(18:20)
Ads by TOK2