山域 鹿島槍・東尾根〜牛首尾根〜十字峡〜黒部別山・北尾根〜源次郎尾根〜早月尾根 期間 1996/3/18〜27 M  北村俊之 この計画は昨年末3名で行く予定だったがメンバーの都合により今回2名で入山すること になった。正月を想定したデポは大量に余り、回収も一苦労であった。 3/18 大谷原(7:40)〜東尾根・1ノ沢の頭(10:00)〜2ノ沢の頭(13:30) 東尾根にはトレースが残っていたが、1ノ沢の頭手前でトレースも無くなり、段々と吹雪 き模様になってくる。荒沢側に雪洞を掘るがブッシュが出てくる。無理やりテントを押し 込み快適な夜を過ごす。 3/19 出発(6:00)〜第二岩峰基部(9:00)〜鹿島槍・北峰(11:20)〜南峰(12:20)〜 牛首尾根・2800m(15:00) ガスで視界不良。クラストした上に新雪が積もり不安定な状態なのでロープを出す。第二 岩峰はフィックスがあり荷を担いだまま登る。この先尾根は広くなるが吹雪のため視界の 無いまま、いつの間にか北峰に着いてしまう。北峰を下ったコルに金沢大が幕営していた。 天狗尾根を登ってきたそうである。南峰でデポを確認し、雪洞を掘ろうとしたが頂上周辺 に雪洞を掘れるようなところは無い。氷漬けになったデポの一部を回収し、ホワイトアウ トの牛首尾根を下る。 3/20 出発(6:30)〜牛首山(7:40)〜1476m(12:20) 予報とは裏腹に快晴の牛首尾根を下る。視界が悪ければ樹林帯のルートファインディング に時間を費やすことだろう。1849mから尾根は細くなり腐った雪に足を取られる。 濡れた物を乾かし、対岸の雪崩を見物しながら午後のお茶を楽しむ。 夜、関電の宿舎に明かりが灯る。苦労してここまできたのがアホらしくなってくる。 3/21 出発(5:50)〜黒部側右岸(10:00)〜剣沢左岸台地(12:00)〜北尾根末端台地 (13:20) 本日も快晴。懸垂を交えながら尾根を下る。1300m、1400m地点には良いテンバがある。 1200mくらいから尾根右側の斜面を下っていくと、青い流れが見えるようになる。秋の偵 察の時に見てきた予定渡渉地点対岸のルンゼを確認し、川床への懸垂を始める。4pで右 岸の雪面に降り、ここから下流へ200mトラバースしてスノーブリッジを渡る。剣沢右岸 の台地に這い上がって一安心。台地から懸垂で水平道に降り、吊橋を渡る。 3/22 停滞 明け方から降り始めた雨は7時頃には本格的に降り出した。回収した食料が重いので食い 減らしにかかる。十字峡に注ぐ水音と雨の音が入り交じり、情緒的で落ち着いた一日を過 ごす。 3/23 出発(6:00)〜黒部別山・北尾根1670m(14:20) 小雪の舞う中、出発。寒く感じるが、雨が降った為、雪の締まりがわるくズボズボだ。暫 く登ると尾根は細く、急になり大木が生い茂る。非常に登り難いので、左のルンゼに入る が上部は亀裂の入った雪壁となる。再び、尾根に戻り6pで1450mの台地、さらに2pで 1670mの台地に出る。予定の壁尾根分岐まで行けず、狭い台地にテントを張る。 3/24 出発(6:00)〜壁尾根分岐(9:00)〜黒部別山主峰(13:30)〜ハシゴ谷乗越 (14:30) テンバから一段登ると雪壁。3pで緩やかになり、さらに1p。1700mの岩峰は右から 3pトラバース。コルから雪壁2pで緩やかな尾根になり壁尾根分岐。 分岐からはしばらく広い尾根が続くが別山コル手前からアンザイレン。ノーピンできのこ 雪を越え、コルへ。コルから150mほどロープを伸ばすと緩やかな雪の斜面になる。 頂上までが意外と長いが剣が見えるようになり気持ちよい稜線歩きである。 ハシゴ谷乗越でデポ回収。明日は雨の予報なので雪洞テントで豪華なディナーを楽しむ。 3/25 出発(13:10)〜三ノ沢対岸台地(14:30) 昨夜からの雪が雨に変わる。雪洞の天井からも雨が滴り落ちてくる。予報では午後から回 復してくるそうなので午前中に食べられるだけ食べて、デポの整理をする。明日、剣沢を 早い時間に通過したいのでテントを移動する。真砂尾根を200m程登り、剣沢へ伸びる尾 根を下り、正面に八ツ峰東面が見える絶好の場所にテントを張る。 3/26 出発(5:10)〜源冶郎尾根取付き(6:15)〜T峰(12:30)〜U峰のコル(15:30) 百武彗星が天空になびいている。 ヘッドランプをつけて出発するがすぐに明るくなり剣沢のデブリを縫うようにして尾根末 端に取付く。300m程ノーザイルで登り岩峰手前のピーク直下でアンザイレン。1pで岩峰 手前のコルへ。右下の雪壁を2p下降し、ルンゼを3p登ってコルに出る。T峰への雪壁 に8pロープを伸ばすと緩やかになり、コンテでT峰へ。そのままT・Uのコルへ下りU 峰へ。登りきるとナイフリッジとなり4pで下降点へ。懸垂の支点を掘り出しコルへ下降。 3/27 出発(6:30)〜本峰(8:00〜8:30)〜早月小屋(12:30)〜馬場島(15:30) 快晴の夜を過ごしたため、明け方恐ろしく冷え込み寒くて寝ていられない。 本日も快晴。 途中、山想会の藤村・谷平ペアが登ってくる。談笑しさっさと下山する。
Ads by TOK2