山域 明神岳東稜
期間 2002/11/23〜24
M   上田幸雄
11/23 快晴
中の湯(6:00)〜明神(9:00)〜ひょうたん池(12:40)〜 ラクダのコル(16:00)
明神の養魚場が分からずうろうろ。積雪は20cmほど。 時折、赤布の出てくるカレ沢を詰めると宮川のコル。 X峰の岩場も見え、ロケーションは最高。 ここからワカンをつけて、ひょうたん池を目指す。 雪は締まって登りやすいが、降雪直後は要注意。 ひょうたん池から尾根を登っていくが、ひざ下までもぐる。 雪壁に突き当たり、アイゼンに履き替えるが北側斜面の為、雪が安定していない。 尾根上もブレイカブルクラストで消耗するが、ひょうたん池〜ラクダのコルまでテン バはないのでコルまでがんばる。 久しぶりの重荷にヨレヨレでした。

11/24 快晴〜晴れ
出発(6:50)〜主峰(8:30)〜X峰(11:20)〜上高地(13:00)〜 中の湯(14:40)
暖かくて寝過ごしてしまった。 コルから一段登ると、例の凹角。 傾斜は思ったよりも緩いが、右壁はつるつるのスラブで左壁のクラックにピックを 突っ込んで強引に登る。 1pだけ目一杯ザイルを伸ばすと、頂上までは快適な雪面登行。 西穂〜奥穂〜前穂のパノラマを楽しみ、X峰を目指す。 U峰の登りは3本ぶら下がったフィックスロープの内、左のラインを登る。50m目一 杯で肩に出る。 V峰の下りは急だが、階段状なのでクライムダウンするが悪天や大人数の時は懸垂し たほうが良い。 W、X峰を越えて西南尾根を下るが樹林帯のやぶがひどそうなのでCo2450mより中明 神沢を下降する。 岳沢に降りたころには奥穂に雲がかかり始めていた。

上高地より奥穂

ひょうたん池より東稜

らくだのコル

奥穂

明神岩峰群

Ads by TOK2