笠ヶ岳・穴毛谷第2尾根 
M 北村俊之 長坂心 大森隼人
2/8 晴れ
新穂高(7:10)〜穴毛谷・2ノ沢出合(8:10)〜P4(12:00)〜Co1970m (15:30)
北村さんの車を槍見にデポして新穂高を出発。春山を思わせる天気に大汗をかきなが ら2の沢のデブリからP4(1850mP)左尾根に這い上がる。P4直下までは単調な尾 根だが冬山1年生の大森が心配なのでアンザイレンして登る。ブッシュ壁を1p登る とP4だがピークはきのこ雪で直登が困難な為、いったん左の沢へ10m懸垂してトラ バース、登り返して尾根に戻り懸垂地点にロープを伸ばす。ズタ袋を埋めて支点とし 20mの懸垂でコルに降り立つ。さらに2pロープを伸ばし3p目はヒマラヤ襞を思わ せるようなブッシュの壁を登ると平坦な所に出たのでテンバとする。
2/9 雪のち晴れ
出発(7:30)〜右尾根JP(11:00)〜第2尾根の頭(14:30)〜第3尾根の頭 (14:50)
昨夕から湿った雪が15cmくらい積もっている。テンバ上のガリーを登ると雪稜にな り2pで小コル。コル上の岩場は左のガリーを登ると再び雪稜となり右尾根JPに出 る。ここはテンバ適地。正面にあけぼの壁が見える。コルから5pでCo2380mの広 い台地に出る。ここで一旦ロープを解き、稜線直下で再びアンザイレンし、2pで頭 に抜ける。
2/10 ガス〜晴れ〜ガス〜雨
出発(6:30)〜笠ヶ岳(8:00)〜テント(9:00〜9:30)〜クリヤの頭 (11:00)〜錫杖沢出合(13:00)〜槍見温泉(14:00)
星明りを期待していたが、ガスで視界が無いので明るくなるまで時間待ち。時間の経 過とともに視界が回復し1時間ほどで快晴となる。風は多少あるものの360度のパノ ラマを楽しみ下山。テントを撤収する頃には再びガスにまかれる。稜線をほぼ忠実に 歩き、クリヤの頭まで。途中地図読みを間違え穴毛谷に下降するところだった。クリ ヤの頭からは小尾根を下りクリヤ谷に降りるつもりだったが途中から早々と谷に降り てしまった。デブリの出た谷のヘリを下り錫杖、槍見温泉へと下山した。

P4から上部

P4

JPと穂高

JPから上部

稜線直下

第3尾根と笠ヶ岳

抜戸岳と槍

Ads by TOK2