山域 錫杖岳・1ルンゼ 期間 2004年2月14・15日 M  長坂心 2/14 槍見温泉(7:10)〜クリヤの岩屋(9:10〜10:00)〜1ルンゼ取付(11:10)〜終了点 (16:30)〜クリヤの岩屋(18:30) 槍見温泉の駐車場には車が1台停まっている。まだ中で寝ているみたいで起きてこない。 しばらくは踏み固められた道を歩けるが、次第にトレースは消えてしまった。クリヤの岩 屋はかなり雪が吹き込んで溜まっているが除雪してテントを張る。 とりあえず1ルンゼ取付へ。氷は取付までかろうじて繋がっているが、天気が良過ぎるの と気温が高いので水が流れ、取付付近のベルグラは崩壊直前。とにかく行けるとこまで登っ てみようと上田オールリードで登り始める。 1p:取付のベルグラは登れないので夏のラインを登る。しかし10mほど登って墜落。幸い なことにどこも怪我することがなかったので気持ちを落ち着けて再びトライ。落ちたとこ ろは人工で越え、右上すると氷がきっちり繋がっている。しかしスクリューは長坂に全部 預けてしまった。ちょっと悩むが傾斜は緩いのでノーピンでこの氷のセクションを越えて F1落口直下のブッシュまで。(40m) 2p:落口付近は氷の付きが悪いのでブッシュ真上の凹角を登り雪田へ。V字岩壁基部のボ ルトが2本打ってあるレッジまで。(40m) 3p:凹角を15mほど登ると一旦傾斜が落ちて、ビレイポイントがあるがすっとばして登る。 大氷柱の左端を少し登ったところでスクリュービレイ。(40m) 4p:左岩壁とのコンタクトラインを登る。夏の支点が出ているので、ランニングを取るこ とが出来る。時間と状態が良ければ中央部を登ってみたいものだ。この時間あたりから天 気が悪くなってくる。上部雪田にあるブッシュについた氷が風で落とされ、雪崩のように 落ちてくる。じっと我慢の子。一旦、傾斜が落ちて右上。左のラインにはツララがぶら下が っているので、ここを登ると確実に下にいるビレーヤーを直撃してしまう。右の凹状になっ た垂直部5mを登ってスクリュービレイ。(40m) 5p:真上の氷柱は落口に雪が溜まっているようなので、左にある30cmほどのツララを巻 いて雪と氷のチムニーを登る。中央バンドの雪壁にでると、すぐ上に夏の懸垂支点が出て いる。(20m) 6p:中央バンドからさらに1p伸ばして上部雪田に出たので終了とする。(40m) このころから雪が激しく降り始め、スノーシャワーを浴びながらの懸垂となる。 6回の懸垂で取付へ戻ったころには風がうなりをあげて吹きまくっていた。 2/15 クリヤの岩屋(6:10)〜槍見温泉(7:40) 天気が良ければ3ルンゼでも登ろうかと思ったが、予想通り吹雪いていたので、朝飯食っ てさっさと下山した。
前衛フェース全景 1ルンゼ 3p目途中から見上げる 4p目を見上げる 3p目をフォローしてくる 5p目を見上げる 4p目をフォローしてくる 中央バンドから見上げる 中央バンドへ登ってくる 6p目をフォローしてくる 上部雪田 懸垂下降中(スノーシャワーを浴びる直前)
Ads by TOK2