山域 頚城・烏帽子岳 東稜
期間 2004年2月28日
M  稲葉

砂場(6:40)〜東稜シーデポ地点(10:20)〜頂上(12:40〜13:00)〜砂場(15:20)

除雪は砂場集落380mのT字路まで。
田んぼの中を適当に登り林道の橋を渡って仏岩を目指す。途中、枝沢が入ってくるので面
倒だ。仏岩裏の沢を詰めて前烏帽子の山腹を巻くようにしてコルにでる。
コルから東稜を登り急になってきたところでシーデポ。
ジャンクションまでツボ足で登るが腿から腰のラッセル。JPでアイゼン、ロープを出し
てコンテで進むがアイゼンが団子になって歩きにくい。
トンガリからスタカットで登りコルへ。コルから2p半で稜線へ。ほとんど木登り。
巨大雪庇が出ているので右から巻くようにして頂上へ。
下降はコンテでクライムダウン。
東稜途中から北側の無木立大斜面へ。快感。
途中から左岸をトラバースしながら下ると林道の橋に出る。
あー、楽しかった。

写真烏帽子遠望
写真中央の斜面を滑降
写真東稜のコルから
写真左は阿弥陀岳
写真鉢山
写真昼闇・焼山・火打
写真鉾ヶ岳
写真JPへラッセル
写真JPから見た東稜・トンガリ
写真コルから見上げる(藪だらけ)
写真木登り
写真稜線直下の雪壁と雪庇
写真頂上へ
写真無木立斜面の滑降
写真快適!!
写真ここから左岸をトラバース
Ads by TOK2