山域 剣岳 池ノ谷右股・中央ルンゼ
期間 2004年4月17日
M  長坂心

馬場島(2:40)〜池ノ谷二股(6:00)〜取り付き(8:10)〜コルA(10:00)〜本峰
(11:10)〜デポ地点(13:10)〜馬場島(14:10)
先日、R4を登って来たパーティのトレースあり、暗闇の中、良い道しるべになった。
右股からのデブリは二股まで届いていないので、デブリ末端までスキーで登る。
好天に恵まれるはずだったが何故か上のほうは黒い雲に覆われている。気温が上がらない
ので、かえって好都合。
F4は70〜75°、15mほどか? 雫は垂れてくるが、快適に登ることが出来る。落ち口
からはボブスレーコース。傾斜はないがスリップは許されない。途中、少し傾斜の立った
所はあるが、高さがないのでフリーで越えていく。
コルAから剣尾根を登り本峰へ。長次郎のコルからの雪壁のほうがよっぽど傾斜が強い。
獅子頭手前から池ノ谷へ下降するが、視界は15m。この先、何が出てくるのか・・・
傾斜が強くなりバックステップで下っていくと、いきなり足元から雪面が消えた。目を凝
らしてみると滝になっている。これが右股大滝らしい。一旦、ロープをつけて巻き道を探
ったが、視界が悪いため良く分からない。結局、落ち口にハーケンを打ち懸垂25m。また
してもゴミを残してしまった。
 スキーを回収し念願の池ノ谷滑降。しかし、ツボ足の長坂のほうが下っていくのが速い。
白萩堰堤からは長坂をぶっちぎり、馬場島へ。 
池ノ谷右股
写真中央ルンゼ
写真中央ルンゼF4
写真中央ルンゼF4
写真中央ルンゼ中間部
写真中央ルンゼ中間部
写真右股大滝を懸垂
写真池ノ谷
写真池ノ谷ゴルジュ

Ads by TOK2