鳳来・治山水 2004年10月23日 M 土肥浩嗣 二人とも治山水は初めてなのでアプローチが第一関門だったが、何とかこれをクリアして 治山水に辿り着く。標高差300m、40分のアプローチである。 岩場の取付きは広く安定しているので快適だが、常時、水が滴り落ちているようである。 壁は南向きで、上部に出ると日当たり良好だが取付きの広場は杉林の影で涼しい。 岩質はガンコと同じようである。 「ドキンちゃんの入園式」 土肥 OS、上田 F 素直で登りやすい。お買徳かなとも思うがこんなもんか。 「お散歩すえちゃん」 土肥 OS、上田 F 傾斜がないので結構細かい。 きっちりホールドを拾っていけば問題ないが、ルートを誤るとハマルかも。 「バック・トゥ・ザ・ベイシック」 土肥 4便敗退 上田 3便敗退 2ピン目と3ピン目の間が結構微妙。ハングを越えると大レストできるが4ピン目をクリ ップした後はレスト出来ないので(オラには)一気に登り切るしかない。 3便目は終了点直下で突き落とされ、4便目を出す余力はありませんでした。 まだまだ力不足です。 「春夏秋冬」 土肥 1便敗退 上田 3便敗退 傾斜がないので最後にトライしてみた。トポによるとオラ達は夏を登ろうとしたことにな る。(トポの解説の意味が、いまいち良く分からないのだが) 出だしのハング越えは分かってしまえば簡単。あとは力ずくでクラック沿いにぐんぐん登 り、トポ5ピン目から左にトラバースして終了点へ。 このトラバースから終了点までが微妙。力が有り余っていれば、力ずくで解決してしまう のだが、そうはいかなかった。2便目でRPするはずだったが、3便目でもRPできず、は まってしまった。 トポではボルト5本だが実際は7本+クラックにチャンネルハーケンあり。何故だか腐っ たハーケンも残っています。
写真 ドキンちゃんの入園式 写真 治山水取付き 写真 バック・トゥ・ザ・ベイシック 写真 バック・トゥ・ザ・ベイシック 写真 春夏秋冬
Ads by TOK2