明神岳・東稜〜前穂高岳 2004年11月20日〜21日 M 単独 11/20 中の湯(6:20)〜明神(9:40)〜ひょうたん池(12:20)〜ラクダのコル(15:00) 足慣らし、靴慣らし、身体慣らしで2度目の明神岳・東稜へ向かうが、途中日帰りマウン テンバイク登山者に抜かれるとさすがに自転車持ってくれば良かったと後悔。 今回も明神の養魚場が分からず、うろうろ彷徨った末に橋の上流側に養魚場を見つける。 赤布・ペンキに導かれながら1700mの沢の分岐点にくるが、大雨の影響だろうか、沢が大 きくえぐられている。枝沢から宮川のコルへ登り詰めるが、ここまで積雪皆無。今回は2 年前と比べて格段に雪が少ない。前回は宮川のコルからワカンを履いて歩いたはずだ。2000 m付近から雪の残骸が現れるが,ひょうたん池まではズックでも登れる。ひょうたん池で スパッツを着けて歩き出すが、雪が少なく急登な為、下草で足元が滑るのでアイゼン・ピ ッケルで足元を固める。踏み跡があるので藪こぎはないが、所々現れるフィックス・赤布 に導かれてラクダのコルに到着。相変わらず偽ピークに騙されながらの登りだった。 11/21 出発(6:00)〜明神岳(7:20)〜前穂高岳(9:40)〜奥明神沢コル(10:30)〜岳沢 ヒュッテ(11:50)〜上高地(13:10)〜中の湯(15:10) 明け方は雪が舞っていたが、昨夜は晴れていた為、結構冷え込んでいたようだ。明るくな ると雪も止み青空が広がる。寒気が入って来る予報なので好天がいつまで持つのか心配だ が、天気が悪くなれば前穂をカットして下降することにして出発。 コルから少し登ると核心部の岩場が現れるので、ロープを出してフィックスする。ここま で足指・手指が冷たくて仕方なかったが、太陽が顔を出すと暑いくらいになってきた。ロ ープをしまい、明神岳の最後の登りでアイゼンを引っ掛けて新品のアウターパンツを破い てしまう。ショック!! 気が緩んでいたのか・・・・ 明神岳で富士山・噴煙を上げる浅間山など展望を楽しんだら前穂に向かう。奥明神沢コル への下降で1回懸垂する。前穂高岳への登りはルーファイが結構面倒で、視界がないと下 降時は分かりにくいと思う。今年の春に一回トレースしているのだが全然記憶に残ってい ない。前穂頂上に立つ頃には、ガスに巻かれて展望なし。さっさと下降し奥明神沢を下っ ていく。途中に小さな滝が3つある。1つ目はチムニー状でクライムダウンする。2つ目は 落ち口がハングしているので雪が繋がっていない。ジャンプすれば下降できるが、雪が硬 いので誤って足でも捻挫したら目も当てられない。歳なのだから無理をせず、残置支点を 利用し懸垂する。3つ目も残置支点があるが、かろうじて雪が繋がっているのでクライムダ ウン出来た。 岳沢と合流すると雪も無くなり、夏道をちんたら歩いて上高地へ下山。途中マウンテンバ イク集団・工事関係車両に置いてきぼりをくらい中の湯に下る。乗せて行ってやろうかと 思う心の広い人間はいないのだろうか?  
写真 宮川のコルから明神を見下ろす 写真 ひょうたん池 写真 ラクダのコルから見上げる 写真 東稜核心部の岩場 写真 明神岳から前穂高岳 写真 明神岳U峰と乗鞍岳・御岳 写真 前穂頂上 写真 奥明神沢をコルから見おろす
Ads by TOK2