大谷不動 2005年1月22日〜23日 M 長坂心 1月22日 雪 峰の原スキー場(6:20)〜BC(7:40)〜本流周辺でクライミング〜 BC(17:30) フリートレックを持ってきたがストックを忘れる。長坂はスノーシューなので足回りを揃 える事にした。スキー場をテクテク歩き1447mのコルから林道をショートカットして直接 下る。200m程下ると林道に合流する。 昨日のものと思われるスキートレースが残っていたので短時間でBCに到着。 とりあえず本流へ向かう。スキーの主はキャンパーのようでBCから先にトレースは残っ ていない。 1ノ滝:長坂初リード 上部の氷は薄く穴があく。 2ノ滝:上田リード  垂直部が短いのでオラでもフリーで登れる。 3ノ滝:長坂リード  簡単だが上部の氷は薄く大穴をあける。 右側壁:上田リード   リーシュレスでトライするが最初からヨレヨレで垂直部ではテンションの嵐。 セカンドの長坂はアックスを残したまま落ちてしまい振り出しに戻る。 時間があったので再度2ノ滝をリーシュレスでトライするがもうヨレヨレでテンション掛 けまくりでした。 テントに戻って昨日買ってきたバイパーファングを片方だけ付けてみる。 中々、良さそうだが両方とも付けてしまうとテンションを掛けることが出来なくなってし まうのが難点。 「テンション掛けるくらいなら落ちろ」ということか? 1月23日 曇り BC(6:30)〜BC(12:00〜12:30)〜峰の原スキー場(13:40) 左岩壁中央ルート 1p:見た目よりも垂直部が長く悪かった。昨日の疲れもありテンションの山 2p:是非とも登りたい滝だったが全面に水が流れていてやる気をなくす。 昨日のパーティーの残置と思われるスクリューも敗退の要因であった。 左岩壁右ルート 1p:しっかりした氷だが難しい。もちろんテンション山 2p:垂直部は短いのでフリーで登れた。もちろんリーシュ付(左手のみ) 本日、左手はアンドロイドリーシュ、右手はバイパーファングで登った。
写真 本流1ノ滝 写真 本流2ノ滝 写真 本流3ノ滝 写真 右側壁 写真 左岩壁中央ルート F1 写真 左岩壁中央ルート F2 写真 左岩壁右ルート F1 写真 左岩壁右ルート F2、F3
Ads by TOK2