屏風岩・2ルンゼ 2005年2月26日、27日 M 長坂心 2月26日 中の湯(6:30)〜上高地(8:00)〜横尾(11:40)〜右岩壁洞穴(14:00) 今日はアプローチのみ。 横尾からはラッセルも深くなりスノーシューで20〜30cmほど。1ルンゼ 出合を過ぎて谷が狭くなってきたので上の台地に登り2ルンゼを目指す。樹林 帯を抜け右岩壁が見えてきたが肝心の2ルンゼがどこにあるのか分からない。 とりあえず荷物をデポして2ルンゼを確認しに登る。F1と思われるチビ氷柱を 確認し、さらに右にトラバースするとやっと大氷柱を見ることが出来た。 冬季クライミングには大氷柱なんて書いてあるが実は大したことないみたいだ。 とりあえず氷柱が繋がっていることが確認できたので明日は登れそう。 2月27日 出発(5:40)〜取付(7:30)〜終了(9:30)〜BC(11:00〜11:30)〜 中の湯(16:00) 昨夜は洞穴の奥にテントを張ったのに風が強かったせいか、雪が結構積もって いた。テントの中もびっしり霜が張り付いている。 右岩壁基部からアンザイレンして展望台、大氷柱取付まで登る。雪の状態も良 かったので特にロープの必要性は感じなかったが落ちればタダでは済まない。 1p:長坂(30m) 出だしの5mがほぼ垂直で傾斜が落ちる。F2も5m程が80°ぐらい。全体に 氷質が悪く、ツララの隙間に雪が詰まった状態。スクリューを打っても中が スカスカであまり信用できない。F3基部の残置支点まで。 2p:上田(15m) F3は7〜8mでほぼ垂直。氷柱右の凹状部を登る。F4の上の状況が分からな いので短いがピッチを切る。 3p:長坂(30m) 15m、70〜80°のF4を登ると傾斜が落ち、右岸の潅木まで。本流の二股が見え る。全体にトポのグレードは辛めでないかと思う。 下降は50m*2で取付(2回目はVスレッド)、F1上までクライムダウンを交え て下降、さらに2回の懸垂(潅木)で雪面に降り立つ。 BCに戻り荷をまとめて下山。中の湯までひたすら歩く。 2ルンゼは昨今のアイスクライミングのレベルでは決して難しくもなく、氷柱 のみを目的に登りにくる所ではない。「抜けてなんぼ」、アルパインの対象とし て捉えてこそ価値のあるルートだと感じた。
写真 2ルンゼ遠望 写真 洞穴のBC 写真 展望台からの2ルンゼ 写真 2ルンゼ取付 写真 1P目 写真 1P目 写真 2P目 写真 2P目 写真 3P目 写真 3P目 写真 終了点から二股を見上げる
Ads by TOK2