白出沢〜北穂・東稜〜滝谷 2005年4月9日 M 単独 新穂高(4:15)〜白出コル(9:40〜10:00)〜涸沢2500m(10:15〜10:30) 〜北穂(14:20)〜新穂高(17:30) 林道はスノーシューのトレースがあったのでスキーは担いで歩く。白出沢の避 難小屋前にトレース主のテントがあったが当然お出かけのようだった。夏道を 避け、沢沿いにスキーで登っていくが靴ずれを作ってしまう。面倒だが靴を脱 いでテーピングする。天狗沢出合周辺はデブリの山。大滝は夏道に沿って巻く が樹林帯は雪が締まっていないので時間を食う。上から眺めると、白出沢を登 って滝の右岸を巻けそうだった。巻き終わると遥かかなたに白出のコル。睡魔 と闘いながら単純作業を繰り返し、やっとの事で小屋に辿り着く。白出沢はガ チガチのアイスバーンだったが涸沢側は今日の陽気で既に緩んでいる。スキー を履いてザイテンを乗越し、北穂南稜を回り込んだ2500m付近まで下降する。 ここまでくると雪は腐り、ツボ足では膝近くまで潜るのでシールを付けて登り 返す。東稜直下でスキーを担ぎ、ゆるやかな雪尾根の東稜を登っていく。とこ ろが「ゴジラの背」で状況は一転、ナイフリッジを越えるのにロープが必要。 アンカーは残置ハーケンとハイマツ。最後の急斜面を登ると北穂頂上に飛び出 す。滝谷はC沢左股を二股まで歩いて下降する。雪が腐り、アイゼンが団子に なり歩きにくい。最峡部は5m程だがこんな所を滑降しようとは思わない。こけ たらタダでは済まないだろう。二股でスキーを履き、滑滝上部まで滑降。この 間はデブリもなく快適だが滑滝中間部から雄滝の下までデブリの山。もちろん 歩いて下る。雄滝はかろうじて繋がっている左岸の雪を利用してクライムダウ ン。滝谷出合からは河原沿いに下降するが最後の登り返しが不足して白出の堰 堤よりもだいぶ下に出てしまったので登り返す。あとは林道を新穂高まで。
写真 東稜下部の雪稜 写真 ゴジラの背と北穂 写真 ゴジラの背と蝶ヶ岳 写真 C沢左股中間部から見上げる 写真 C沢左股中間部から見下ろす 写真 二股から見下ろす 写真 滝谷合流点 左:B沢 中央:C沢 右:D沢 写真 滑滝を見上げる 写真 滑滝から滝谷出合を見下ろす
Ads by TOK2