笠ヶ岳 4ノ沢右股往復 2005年4月17日 M 単独 新穂高(1:45)〜笠ヶ岳(6:35〜6:45)〜新穂高(9:00) 昼から花見の予定があるので10時までに新穂高に戻る予定で出発する。 穴毛谷は相変わらずのデブリの山。星明りの中、4ノ沢を詰め右股に入った頃 に明るくなってきた。1時間あたり400m弱のペースでしか登れない。余裕を 持って登り5時間と思っていたが本当に5時間かかってしまった。右股は雪崩 跡の溝が刻まれ、とても僕のスキー技術では滑降不可。7ノ沢まで迂回して本 谷を滑降することも考えたが、最短コースを歩いて下ったほうが早いだろうと 言う結論になり、頂上までスキーを担いできたが、歩いて下る事にする。 実際、この時間ではいくら東面とはいえ、まだクラストしていてとても滑れる 状態ではない。左股との二股まで歩いて下るが、時折、音もなく背後から石が 落ちてくる。二股からスキーを履くが、この辺もさっきまで日陰だったので雪 は殆ど緩んでいない。ファンスキーに皮靴ではまともに滑れないがせっかく担 ぎ上げたので強引に滑り降りる。終わってみれば新穂高着は1時間の余裕が あったのでバスターミナル横の温泉に浸かって帰る。
写真 頂上から播隆平と槍ヶ岳 写真 4ノ沢二股付近(左:第一岩稜、右:ピナクル) 写真 二股から本谷出合を見下ろす
Ads by TOK2