錫杖岳・じーやの大冒険 2005年9月10日 M 長坂心、大森隼人 1P目:長坂 3ルンゼを30mほど登り腐ったボルト3本のビレイポイントまで 後続の大阪の学生さんは3ルンゼを登るそうなのでやり過ごしてもらった。 2P目:長坂 少しクライムダウンしてトラバース。凹角に入り上部の被ったクラックに向か って直上。リードの長坂はエイドで突破。おらはフリーで試みるがクラックが 奥に走っているのでジャミングしているとチムニー?出口でザックが引っ掛か り抜け出せない。左壁はつるつるでホールド見当たらずキャメにぶら下がる。 1mほど上には左壁にガバがあるのでチムニーを抜けるのが核心か? クラックが切れると傾斜が落ち、凹状部を登ってビレイポイントへ。 過去の記録を見るとペツルのアンカーなどと書いてあるものが多いが、アンカ ーは工業用オールアンカー(スチール)に手製のステンハンガーである。 3P目:上田 草付はおじさんにまかせろ。 途中なぜかペツルアルミハンガーが打ってある(ボルトはステン?だったかな) 4P目:上田 上部に見える大岩溝?(幅3mくらい)に向かって登る。15mほどランナウトする ので注意。 ハング下から左上しクラックを登ると傾斜が落ち大木あり。ここでピッチを切 る事も出来るがそのまま直上。(トポ3P目のアンカーは右奥のハング下にある のでそのまま直上すると見逃してしまう)左壁よりを登ると右上の洞穴横にア ンカーがある。安定したテラスではないのでちょっと窮屈。どうせ打つなら一 段したのテラスにして欲しかった。 5P目:大森 左壁を5mほど登るとブッシュ帯。本当に大冒険になってきた。 6P目:大森 右上の凹角からブッシュ帯を登りP4の肩で終了。 懸垂4回で3ルンゼ取り付きまで下降するが、回収時に引っ掛かる恐れが大き いので注意が必要。
写真 2P目 クライムダウンしてトラバース 写真 クラックに合流 写真 凹角?に入っていく 写真 これから核心 写真 2P目終了点へ登ってくる 写真 上部の大岩溝 写真 5P目 ここを越えるとブッシュ帯 写真 懸垂下降2回目 写真 懸垂下降最終ピッチ
Ads by TOK2