四ツ岳 2006年3月31日 M 単独 平湯温泉スキー場(6:00)〜四ツ岳(13:30)〜スキー場(16:00) 29日から真冬並の寒気が入っている。 30日の夜からは平野部でも雪が積もり朝起きると10cm以上積もっていた。 国道41号線は神岡手前の事故で渋滞中、20分ほどで解消されたが幸先悪し。 平湯温泉スキー場は昨夜からの分だけで20cm以上の積雪。 キャンプ場からいきなり膝下のラッセルで始まる。 1580m付近で渡渉したがもう少し手前から渡渉したほうが良かったかも? 中間尾根は思ったよりも地形が複雑で下降時はトレースも消えかけていたので 平坦部での下りラッセル等かなりロスした。 部分的に腰上ラッセルをこなしながら高みを目指す。 天候の回復が遅く時折明るくなるが、断続的に雪が降り続く。 森林限界の2300mを越えると風も強くなり、視界も100m前後。 下降ルート確保の為、岳樺の林を縫うように登ると正面に岩場がでてくる。 これを右から巻くようにトラバースしながら登ると四ツ岳北東の窪地に突き上 げ、さらに130m登ると頂上。 頂上付近は非常に風が強くスキーのままでは吹き飛ばされそうだった。  
Ads by TOK2