仁王山 2006年4月9日 M 単独 大長谷温泉(4:20)〜仁王山(6:20)〜駐車場(7:00) 駐車場に着いても雨がしとしと降っているがじきに止むだろうと出発。 暗くて良く分からないのでとりあえず林道を登り、杉林から取付く。 暫く登ると雨は雪に変わり、新雪が積もっている。 杉林を抜けるとぶなの林で自由自在に登ることが出来るが傾斜がある。 傾斜が落ちると東屋が現れ、尾根沿いに登ることになる。 左が切れ落ち、右は藪の所があり一箇所だけスキーを脱いだ。 後は快適な尾根を上り詰めると頂上。 視界もなく寒いのでさっさと下山するが、ルートロスに注意。 上部は快適斜面、下るにつれて雪が重くなってくるが東屋までは楽しい。 シールが団子になってしまったそうで、単独の人がスキーを担いで登ってきた。 東屋から下は深雪ならば面白いだろうが今はもう枯れ木と穴だらけで横滑りと 斜滑降でこなすだけ。 後は林道を駐車場まで。 
写真 超快適斜面 写真 超快適斜面を振り返る
Ads by TOK2