抜戸岳南尾根 山行日 不明 3月下旬 M 単独 新穂高(5:30)〜クサコバ(6:30)〜1806m(8:00)〜南壁基部(11:00〜 11:20)〜南壁頭(13:20)〜抜戸岳(15:50)〜下抜戸沢右岸尾根2400m (16:10〜21:15)〜林道(22:15)〜新穂高(24:00) この頃は記録を残していなかった時期なので山行日は不明ですがコースタイム が地図のコピーに書いてあったので覚えている範囲で記録を残しておこうと書 いています。 クサコバは雪も締まり快適に高度をあげることが出来る。南尾根の核心部は穴 毛槍からの雪稜と南壁。雪稜は雪が締まっているので快適に通過することが出 来た。南壁はロープを出して人工を交えての登攀で結構むずい。左からも巻け るみたいだが今回は敢えて正面壁を登攀した。2p程度で岩壁を抜けることが出 来る。 今回、コージツでオーストラリア製のスノーシューを安く購入したので試しに 持ってきた。結局使い物にならないことが判明。 抜戸岳を往復し、下抜戸沢の右岸尾根を下降にとるが、天気も良いしせっかく テントを持ってきたので、途中の岩陰で泊まる事にした。しかし、シュラフカ バーしか持ってきてないので寒くて寝ていられない。月夜の中テントを撤収し 下降する。途中で尾根が判然としなくなったので、下抜戸沢の下流の沢を下降 して、林道まで。あとは、左俣林道を延々歩き新穂高着。一応日帰りかな。
Ads by TOK2